小児がんサバイバーが一番悲しむこと

私は、10歳の時に小児がんと診断されました。

癌の種類は、骨肉腫といい、骨の中に発症する癌で、症例の非常に少ない希少ガンとして知られています。

私は、右足の付け根に発症したため、当初の手術計画では、右足を付け根部から切断する準備がなされていました。

私自身も、主治医の先生から、余命宣告と、右足切断の了承を求められ、わずか10歳にして、右足切断の了承を主治医の先生にお伝えしました。

そのような背景のなか、

小児がんサバイバーとして、私が一番悲しく思った出来事がありました。

それは、両親の喧嘩(ケンカ)です。

私の両親は、私が癌を発症したことをきっかけに、喧嘩や言い争いなどが頻繁に起きるようになりました。

私は両親のその言い争いが、私の癌発症によって引き起こされたものだと知りました。

とても悲しかったです。

   

きっとそれは、小児がんサバイバーのあなたなら、もしかしたら、そのような場面があるかもしれません。

小児がんを発症したお子さんの親御さんには、気を付けていただきたいのです。

小児がんサバイバーとして、一番悲しいのは、自らの癌(ガン)発症によって、周りの大人がパニックになり、現実逃避から投げやりになったり、暴れたりしている姿を見てしまうことです。

最初は難しいかもしれませんが、冷静になってください。

一番辛いのは、小児がんサバイバーとなった、お子さんなのです。

親御さんや周りの大人は、小児がんサバイバーのお子さんに心からのサポートをしてあげなければいけない立場なのですから。



ほっし校長

10歳の時、100万人に1人の確率で発症の希少ガン(骨肉腫)を発症。
主治医からの、ガン告知と右足の切断と余命の宣告。自らの経験から、ガン患者さん、特に小児ガンの子供たちの心を世界中に伝えたい。

At the age of 10, one in one million people develops a rare cancer (osteosarcoma).
Cancer notification, amputation of right leg and life expectancy from the attending physician. From my own experience, I would like to convey the hearts of cancer patients, especially children with childhood cancer, to the world.

おすすめ記事

【検証】病みあがりの為の食欲倍増ソース「チキンマックナゲット」

ソース各種

コメントを残す