“小さな子を抱えるママへ:私が骨肉腫と闘い、そして学んだ大切なこと”

小さなお子さんを持つお母さんへ

実は、私は骨肉腫という希少がんを克服しました。その経験を通して、今、私が伝えたいことがあります。

小さなお子さんのお母さんへ、心からのメッセージ

希少ガン(骨肉腫)を乗り越えて感じた、生きる意味

🌼お子さんが小児がんを経験したことにより、未来や夢を見失いそうになっているかもしれません。

しかし、私はその深い谷から抜け出した経験を通して、もう一度希望を見出す力をお子さんにも持ってほしいと願っています。

私の体験から学んだこと

10歳の時、私は骨肉腫に直面しました。

闘病生活は決して簡単ではありませんでしたが、そこから学んだことがあります。

「この世に生まれてきて本当に良かった」と心から思えたのです。

私のブログを通して、今苦しんでいる子供たちにも、そんな思いを持ってほしいと願っています。

幼い時期に病気と闘うことは、孤独や絶望を感じさせます。

「なぜ自分だけが・・・?」

という思いは、強く心を揺さぶります。

ですが、ぜひとも諦めず、明るい未来を信じてほしいのです。

そのために大切なことがあります。

前向きに歩み続けるために

病気との闘いは人生の終わりを意味するものではありません。

私自身、孤独と苦痛の日々を過ごしましたが、それでも光を見出すことができました。

大人として、私たちにできることは、お子さんが少しでも自分の意志を反映させながら治療に取り組めるようサポートすることです。

お子さんの笑顔を取り戻すために、できることを一緒に考えましょう。

大切なのは、治療だけではなく、お子さんの心へのケアです。

お子さん一人ひとりの思いや感情を大切にしてください。

関連記事や書籍もご参考になれば幸いです。

私たち大人が、お子さんの心のケアを忘れずにいることが、結局は最も重要なのです。

小児がんを経験するお子さんやそのご家族のために、愛と勇気を込めて。

このメッセージが、闘病中のお子さんやその家族に少しでも希望を与え、明るい未来へと一歩踏み出す勇気を持てるよう願っています。

◼️【絵本】ガンと闘う10歳の僕におきた奇跡
の書籍版はこちらから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生き抜く力【ガンと闘う10歳の僕に起きた奇跡】|ほっし校長|note

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


ほっし校長

10歳の時、100万人に1人の確率で発症の希少ガン(骨肉腫)を発症。
主治医からの、ガン告知と右足の切断と余命の宣告。自らの経験から、ガン患者さん、特に小児ガンの子供たちの心を世界中に伝えたい。

At the age of 10, one in one million people develops a rare cancer (osteosarcoma).
Cancer notification, amputation of right leg and life expectancy from the attending physician. From my own experience, I would like to convey the hearts of cancer patients, especially children with childhood cancer, to the world.

おすすめ記事

【人生を100倍楽しむ方法】人生のご褒美と愛する人との出会い

人生の演出家

【必見!】毎日3分で人生を楽しくする方法7

恋をする

コメントを残す