子供の喘息について理解を深めよう

### 子供の喘息について理解を深めよう

私は小さな頃から喘息を患っています。

多くの方にとって、喘息は単なる「身体が弱い」とか「運動不足」と誤解されがちですが、喘息はそうした単純な問題ではありません。

特に子供が集まる場所では、喘息を理由に他の子供たちと異なる扱いを受けることがあります。

これは、どんな環境であっても同じです。

「都会育ちの子は丈夫ではないのね」といった偏見も耳にしますが、健康に関する困難は地域による差ではなく、一人ひとりの体質や条件によるものです。

私たちは、子供が喘息だからといって特別扱いを求めているわけではありません。

ただ、理解と適切な対応を望んでいます。

喘息発作が起こった時に、周囲がどう対応するかが非常に重要です。

家庭内でも、喘息の管理と発作の対応は時にストレスとなりますが、家族で協力し、情報を共有することが安心へとつながります。

喘息を患っている子供たちは、決して単独で闘っているわけではありません。

私たち親も学ぶべきことが多く、それにより子供の成長と健康を支えていけると信じています。

このブログが少しでもお役に立てれば幸いです。

お子様の健康と明るい未来に向けて、一緒に理解を深めていきましょう。

【絵本】ガンと闘う10歳の僕におきた奇跡
の書籍版はこちらから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生き抜く力【ガンと闘う10歳の僕に起きた奇跡】|ほっし校長|note

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


ほっし校長

10歳の時、100万人に1人の確率で発症の希少ガン(骨肉腫)を発症。
主治医からの、ガン告知と右足の切断と余命の宣告。自らの経験から、ガン患者さん、特に小児ガンの子供たちの心を世界中に伝えたい。

At the age of 10, one in one million people develops a rare cancer (osteosarcoma).
Cancer notification, amputation of right leg and life expectancy from the attending physician. From my own experience, I would like to convey the hearts of cancer patients, especially children with childhood cancer, to the world.

おすすめ記事

【検証】病みあがりの為の食欲倍増ソース「チキンマックナゲット」

ソース各種

コメントを残す