〖短編小説〗幸せの泉【小児がんサバイバーの私が描く物語】18話

目を開けると、辺りは真っ暗な森の中だった

どうやら、意識を無くしてしまったらしい

木の根っこに足を引っ掛け、倒れてしまった僕は、しばらくの間、地面に仰向けになったまま、空を眺めていた

僕は孤独だった

しかし、怖くはなかった

僕はもう、助からなかったのだから

ずいぶん、吹っ切れた気分で、どことなくさっぱりとしていた

「もう、やれることはやったし、辛抱もしてきた」

「辛い思いもいっぱい経験した」

「あー、辛かったけど、いい人生だったな」

僕の心の内で、気持ちの整理が整った瞬間だった

次回に続く

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
🔷短編小説執筆に至った背景

私は10歳の夏、小児がんを発症しました。今から40年も前のことでした。当時はまだ症例が少なく、100万人に1人の発症確率だとも言われていた希少癌で、骨肉腫という病名です。
発症した場合の生存確率も極めて低かったのです。
当時の私は、なす術のない状況に、
空想することが心地よく、唯一の希望の光になっていました。

🔷この世の中には、

「どんな難病も一瞬で治す魔法がないかな」

「癌を治すぬり薬はないかな」

「お薬だけで骨肉腫は治せないかな」

「一口飲むだけですべての難病を治す湧き水の泉はどこにあるかな」

「あればいいな」

「突然、届くといいな」

そんな空想に、自分の心を慰めていたものです。

「自分が癌になったなんて、嘘であって欲しい!」

「診断ミスであって欲しい!」

しかし、現実は厳しく、

確実に自分に向かってくるのです。

私が思うに、

🔷がんが治るというイメージを持つこと

🔷がんを治したいという希望を持ち続けること

などは、実際のがん治療に心理的な面で、良い効果を生み出すような感覚があります。

少なくとも、前向きな空想に入ることで、過度のストレスを緩和する働きを私は、幼少期に小児がんと闘っている時に、実体験した経験からお伝えしたい。

その効果を試すためにも、この短編小説の執筆を始めました。

🔷この短編小説は、定期連載しますが、皆様からの感想を募集いたします。

🔷毎回の投稿ページのお問い合わせフォームからご感想をお願いいたします。

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡


ほっし校長

10歳の時、100万人に1人の確率で発症の希少ガン(骨肉腫)を発症。
主治医からの、ガン告知と右足の切断と余命の宣告。自らの経験から、ガン患者さん、特に小児ガンの子供たちの心を世界中に伝えたい。

At the age of 10, one in one million people develops a rare cancer (osteosarcoma).
Cancer notification, amputation of right leg and life expectancy from the attending physician. From my own experience, I would like to convey the hearts of cancer patients, especially children with childhood cancer, to the world.

おすすめ記事

【人生を100倍楽しむ方法】人生のご褒美と愛する人との出会い

人生の演出家

コメントを残す