親愛なるお母さまへ、

今日は、子供たちに夢と勇気を与える特別なお話をご紹介したいと思います。

皆さんは、「片脚の王様」と呼ばれる勇敢なサッカー選手の話を聞いたことがありますか?

彼の名前は何憶義(He Yiyi)さん。

彼は、私たちと同じ骨肉腫に立ち向かった勇者です。

何さんは、わずか12歳で左足に骨肉腫が発見され、夢であったサッカー選手としての将来に暗い影を落としました。

彼が試みた治療は、残念ながら左足の切断を余儀なくされました。

しかし、この困難を前にしても、何さんは決して夢を諦めませんでした。

小さな頃からサッカーに情熱を注いできた何さんは、フランスのチームからスカウトされるほどの才能を持っていました。

だけど、フランスへ渡る準備を進めている最中に、運命が彼に試練を与えました。

それでも彼は、松葉杖を片手に、サッカーへの無限の愛を持って、再びピッチに立ちました。

彼のストーリーでは、義足ではなく、愛用の松葉杖を使用し続けています。

そんな彼が示す姿は、多くの人々に感動を与えています。

アマチュアリーグでプレイすることを許されていない状況であっても、彼はサッカーをやめることなく、夢への情熱を燃やし続けています。

何さん自身が伝えたいと思っているメッセージは、まさに今を生きる私たち全員にとっての貴重な教訓です。

「人生は常に前向きであるべき」

「自分自身を幸せにできるのは、自分自身だけ」

「我々は自分の努力によって、他人に喜びを与えることができる」

何憶義さんの話は、フランスのプロサッカーリーグの夢をかなえることはできませんでしたが、彼がサッカーを通じて伝える「幸せとは何か」のメッセージは、世界中に届きました。

そして、彼はその勇気と情熱で、世界一のサッカー選手として私たちの心に刻まれました。

子供たちにこの物語を語る時、夢を追い求める勇気、そして逆境を乗り越える強さを教えてあげたい。

何憶義さんのように、どんな時も諦めずに挑戦し続ける心は、子供たちにとって最も価値ある贈り物になるでしょう。

夢への道はいつも簡単ではありませんが、愛と希望を持って一歩一歩進んでいく勇気を、私たちは子供たちに伝えたいですね。

心より、

🔷関連記事はこちら🔷

【希望】がんを発症しても幸せになる方法

この困難な時期を乗り越えるために、親として準備し、覚悟すべきことを心から考え、お子さんに寄り添ってください。

【絵本】ガンと闘う10歳の僕におきた奇跡
の書籍版はこちらから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
生き抜く力【ガンと闘う10歳の僕に起きた奇跡】|ほっし校長|note

жжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжжж


ほっし校長

10歳の時、100万人に1人の確率で発症の希少ガン(骨肉腫)を発症。
主治医からの、ガン告知と右足の切断と余命の宣告。自らの経験から、ガン患者さん、特に小児ガンの子供たちの心を世界中に伝えたい。

At the age of 10, one in one million people develops a rare cancer (osteosarcoma).
Cancer notification, amputation of right leg and life expectancy from the attending physician. From my own experience, I would like to convey the hearts of cancer patients, especially children with childhood cancer, to the world.

おすすめ記事

【新生活必見!】気管支炎喘息患者のための生活のポイント「応急処置方法~病院選び~生活のポイント」

コメントを残す